TOP

小さな繰り返しが習慣になる

関東の桜は青々してきましたね
新社会人も会社によっては研修中だったりOJTに移ったり
まだ変化の大きい時期ですよね

新しい生活が始まると、新しい習慣が身に着いたり、
今までの習慣が助けになったり、、、また逆もあったり、、、

小さな行動も何度も行っているうちに習慣になり、
習慣が大きな成果を作ります

SMI_万里の長城も一石から

万里の長城も小さな繰り返しの偉業

私が社会人になって始めた習慣は、
一日5分間を自分に投資するというものでした
任された仕事を5分間だけ考えたり、調べたりして
もっと効率を上げることに使うというものです

初めはそれほど大きな変化はありませんでしたが、
5分も積ると大きくなります
エクセルの関数を調べてみたり、
いつも使っている帳票を一日5分ずつ計算式を増やして自動化してみたり、
マクロを覚えて自動的に帳票を生成できるようにしたり
3年も経つと毎月2時間はかかっていた集計作業が15秒ほどで終わるまでになってました

隣の課が3人がかりで8時間かかる作業を1人で2時間で済ませたり、、、

SMI ぽっちとな

ボタン一つであとは自動生成・計算!

今でも、その5分投資の習慣は残っています
3年後、5年後の投資がどうなったかをここで書けるように頑張っていきます

SMIプログラムの恩恵も一日30分ほど受けることができます
どこかに研修に行く必要も特別な場所や時間を用意する必要もありません
費用対効果の良さは他のどの研修や講演会よりも良いとクライアントから支持を受けています
0歳児からのプログラムも用意しているので、年齢や性別、職歴などの経験の差も関係なく
成果をあげられます

まずは無料の資料請求を!
=ここから=

SMI公認エイジェンシー 新東京サクセスマネジメント 多田

Read More
TOP

変化、成長、失敗は人生のとも

新年度が始まって1週間が経ちますね

人が変わったり、環境が変わったり、制度が変わったり、

とにかく変化の多い時期ですよね

 

私は比較的「変化」が好きなタイプです

皆さんはどうですか?

新しい環境のなかにいるとどう感じますか?

ワクワクしますか?それとも不安やストレスを感じますか?

 

人生において、変化は常に起こるものです

自ら望んで変化することもあれば、他の影響で変化が起こる場合もあります

常に起こる変化をポジティブに捉えて、楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

人生において、成長も常に起こるものです(途中からは老化という人もいますが、、、これも立派な成長です!!)

成長には失敗がつきものです

変化にも失敗がつきものです

成長や変化だけを楽しんで失敗だけを避けることは、、、できません、、、

失敗から学ぶことで成長や変化が起こるからです、、、

失敗は嫌だけど、、、それを乗り越えることで成長できます!!

smi never-give-up

慣れるまでは大変だけど、その先にあるものをイメージして

今日も失敗あっ!じゃない!!変化!成長しましょう!!

 

4月18日の講演会の定員まであとわずかです!!
早めの申し込みをっ!!定員70名のところ、既に60名を超える参加申し込みがあります!

参加申し込み用のチラシはここ!!

 

SMI公認エイジェンシー 新東京サクセスマネジメント 多田

 

Read More
TOP

小さな行動が大きな目標達成につながる

桜が咲き始めましたね
季節も冬から春へと移り変わりますね

今年も3ヶ月が過ぎようとしています
私はクライアントにも3ヶ月毎に目標を持つように言っております
3月末に3ヶ月目標の達成状況をチェックして、次の3ヶ月目標を立てて行きます

季節は春夏秋冬と繰り返していきますが、
仕事は単純な繰り返しではなく積み重ねて行くことで目標達成につながります
螺旋階段
同じところをぐるぐる回っているようでも螺旋階段を登っている人もいるし、
同じところをぐるぐる回っている人もいます

将来の大きな目標を達成するために、日々の小さな行動をこなしていくことが大切です
日々の行動に落とし込むためには具体的である必要があります

どんな行動が将来の大きな目標の達成に必要になりますか?
一手一手を積み重ねることが大きな勝利を呼び込むのです
SMI 一手の重み

4月18日に守谷で特別講演会を開催します!
自分の将来の目標設定に興味のあるかたは是非!御参加ください。
特別講演会の案内

SMI公認エイジェンシー 新東京サクセスマネジメント  多田

Read More
TOP

正しい努力は確実に実を結ぶ!

だいぶ暖かくなってきましたね
通勤のコートがいらなくなってきました

先日、小学校の前を通ったら卒業式をやっていました、、、
懐かしいなぁ、、、

私が小学校時代からずーーーっと努力していたものは?
と聞かれたら、間違いなく英語でしょう
小学校3年生から英語の授業がありました(当時は香港日本人小学校に通っていました)
英語の成績は、、、ほとんどの項目でずーーーっと「C」でした
中学でも5教科で英語だけ「5」をもらったことがありません(/ _ ; )

それでも、英語は勉強してました
英会話に通ったり、家庭教師をつけてもらったり、、、
英語が得意科目になったのは高校くらいでした

本当に長い道のりです、、、
大学の卒業旅行のときには1ヶ月間1人でヨーロッパを周りました
英語で不便を感じることはほとんどなく、、、まぁ、英語が通じない驚きはありましたが(笑)
今では英語で世界中の代理店とも情報交換ができます
SMIワールドコンベンション2012

どんな、苦手なことでも正しい努力を続けて行けば、
必ず実を結びます!
4月に茨城県の守谷で特別講演会を開催します!
講師は正しい努力を続けて劇団四季の主演男優まで登りつめた方です!
先着70名様です!席に限りがあるのでお早めに申し込みください!
案内

さぁ!
今からすぐに、自分にとって価値ある目標を設定して進みましょう!

やり方が分からない方はすぐに連絡をください!
そのためにSMIは存在しています!

SMI公認エイジェンシー 新東京サクセスマネジメント 多田

Read More
TOP

社員教育にもコストパフォーマンスを!

今週で2月も終わりですね

オリンピックも閉幕しました、東京マラソンもありました

こんな感動的で溢れるなか、今週のテーマはコストパフォーマンス、、、

情熱がない?そんなことありません!!理系男子ですから

コストパフォーマンスと聞くだけで心に火がともります!!(笑)

 

みなさんの会社でも社員教育を実施していると思います

個人的にセミナーや本を買って勉強されているかたもいると思います

どの学習法でも素晴らしい効果を得ることができると思います

が、、、人は忘れる動物なのです、、、

auto_zkqgEf

 

人は学んだ瞬間から忘れ始めるのです、、、

みなさん、そうですよね?

元素記号の1~20まで言えますか?

いえない人も、いえる人もいますよね

これは学習の違いです

 

毎日、同じ本を読めますか?

きっと飽きますよね、、、たまにテレビで名探偵コナンのアンコール放送をしていますが、

毎回、犯人もトリックも覚えていません、、、覚えるために翌日に復習のために同じものを見れません(ーー゛)

テレビですらできないのに、本でやるのは至難の業です、、、

 

セミナーならどうでしょうか?

翌日に同じセミナー、、、って時間的にも金銭的にも現実的ではないです、、、

じゃ、1週間ずーっとセミナーに参加すれば、、、嫌です(笑)

そもそも社員全員で受講しに行くのが大変、、、じゃバラバラで、、、

 

SMIでは社内塾を提案しています

社内で実施するので朝礼感覚で復習ができます

もちろんいくら復習しても費用はかからないですし、

社員全員で同じものを同時に学ぶことができます

 

社員教育のコストパフォーマンスを上げるなら、自社でできるようにするのが

一番理想的だと私は思います

 

御興味のある方は無料の資料がありますので、お気軽にお申し込みください

 

SMI公認エイジェンシー 新東京サクセスマネジメント  多田

Read More
TOP

行動が先か考えることが先か?

今日のテーマは「卵が先か鶏が先か」からTTP(徹底的にパクリ)です鶏玉子

しっかりと考えることはとても重要だと思います

が、、、もし、今までやったことも無いような大きな目標に向かおうとするときは行動もとても重要です

なぜか?

それは今までやったこともないことなので、あれこれ考えても分からないことが多いからです

行動しながら問題点を見つけて、解決していくことが大切です

PDCとかPDCAですね

pdca

 

 

行動したあとの検証は、、、あまり気持ちのよいものではありません

ただ、この反省点をしっかりと洗い出すことで、大きく成長できます

この成長のチャンスを逃すてはありませんよ!

 

私も先日、セミナーの講師デビューをしまして、

さっそく検証をしてます!

次回はもっと皆様によいセミナーを提供できると自信を持っています!

乞うご期待!

えっ?開催はいつか?

弊社には素晴らしい講師がたくさんいますので、、、気長にお待ちください(笑)

 

SMI公認エジェンシー 新東京サクセスマネジメント 多田

Read More
TOP

明確な目標を決めること

昨日、流山商工会議所 青年部にてディベート研修を開催させて頂きました。

ほとんどの参加者がディベート未経験ということで、研修のポイントをどこに置くかに悩みました。

 

ディベートのルール、立論、反駁(はんばく)、最終弁論の役割、テーマ選定、事前調査。
いろいろと個人的な考えもありましたが、最終的には青年部からの要望を重視して内容をつめました。

 

目標の中に、ディベートを通じて論理的な考え方を身につけるという成果に

、クライアントの意向に出来るだけ応えるということを追加したからです。

1238760_558551480877417_1739162014_n

結果として、研修は大いに盛り上がりました。

参加した皆様のスキルが高くて、テーマを発表してから3分で立論という驚異的なスピードで

展開するディベートにも関わらず、活発な意見が交わされました。

 

論理的な考え方で相手を説得する体験もできましたし、

何よりも、参加して頂いた皆様に楽しんでもらえて本当に良かったと感じております。

 

ディベートのテーマの中で一つだけ、
新東京から出させて頂いたものがあります。

それは、「社員は叱って育てるべき!是か非か?」(社員は新卒3年以内、30歳未満に限定)

難しいテーマでしょ(笑)

 

日本を代表する経営者、渋沢 栄一、松下 幸之助、
今もJALの再生に関わっている稲盛 和夫は叱って社員を育てています。

 

ただ、実験では叱るよりも褒めるほうが、能力を引き出せるという結果も出ています。

 

みなさんなら、肯定(叱る)、否定(絶対に叱らない)どちらの立場をとりますか?

 

立場が決まりましたか?

 

では、その反対の立場になって下さい。

 

ディベートの面白いところは、肯定、否定を自分の意思で決められないということです。

 

自分と反対の立場に立って、論理的に意見を組み立てると、、、、

分かってくるでしょ(笑)、自分と反対の立場に立っている人の考え方が、、、

そう、両者に論理的な意見があるんです。

そんなことに気づかせてくれるのがディベートです。

 

そして、もうひとつディベートには良いところがあります。

それは、口論にならないことです。

 

みなさんも機会があれば、是非ディベートを経験してみてください。

 

SMI公認エイジェンシー 新東京サクセスマネジメント 多田

 

 

 

Read More